桜風    作詞&曲 吉笛

 

 

華やかに彩る花びら達

悪戯で優しい風に吹かれて

 

一時の別れに涙するもの

新たな門出を祝うもの

ふと見上げた空に散りばめられた

桜のピース

そっと心の扉を開けてゆく

 

別れの数だけ出会いを繋いで

大人になりゆく自分を染めて

もしも涙 頬つたうなら

ためらうこと無く泣けばいい

喜びも哀しみも すべてを抱いて

そしてまた一つ卒業

 

雨上がり足跡付け駆けてゆく

幼く小さい自分をただ見つめ

 

いつまでも子供じゃいられないから

甘えてばかりじゃいけないから

振り返り手を振る自分に

笑顔でピース

新たな道へと進みゆく

 

出会いの数だけ明日を繋いで

大人になりゆく景色の中で

いくつものトキを目に焼きつけて

時代を超えて芽をつけて

新たに舞踊る桜の風と

共にまた一つ卒業

 

一つ一つの言葉達 温かな息吹に吹かれ

鮮やかな虹の橋を架けるように連なって

 

この先いろんなことがあるだろう

負けずに受け入れて進んで行こう

もし辛くて泣きたいなら

ためらうことなく泣けばいい

喜びも哀しみも すべてを抱いて

そしてまた一つ卒業

 

別れの数だけ出会いを繋いで

大人になりゆく自分を染めて

もしも涙 頬つたうなら

ためらうこと無く泣けばいい

喜びも哀しみも すべてを抱いて

そしてまた一つ卒業