夏の終わり    作詞&曲 吉笛

 

 

君の笑顔を一人占めしたくて

夢中で走った あの夏の日

僕に見せる無邪気な笑顔

僕には見せない弱さ

そのすべて愛しくて

 

君のすべて知りたくて

聴かない音楽を良く聴いた

そして気付いた

 

君の好きなものを追っていたら

いつしか君の気持ち知って涙溢れ

もう少し早くに 出会えていたのなら

特別な存在になれたかな

 

君のすべてがほしくて

でもどうにもならなかった あの夏の日

誰にも見せるその笑顔

誰にも優しいところ

そのすべて切なくて

 

君のすべて知りすぎて 身動き取れなくて

どうすればいいのか教えて

 

こんなに苦しくて 叶わない恋でも

好きになれて本当に良かった

ほんの少しだけでいい トキを巻き戻せたら

君の1番になれたのに

 

今はまだこの想いそっと胸にしまい込んで

この距離を保つだけ

来年の夏に2人でやった花火の 残り

出来たらいいな

 

君の好きなものを追っていたら

いつしか君の気持ち知って涙溢れ

もう少し早くに 出会えていたのなら

特別な存在になれたかな

 

君の笑顔を一人占めしたくて

夢中で走った あの夏の日

僕に見せる無邪気な笑顔

僕には見せない弱さ

そのすべて愛しくて