Shuttle                    作詞&作曲 吉笛

 

昨日の雨が嘘のように 雲一つない青空

気がつけば 光を浴びて 浮かび上がる 七色の橋

 

手を伸ばしても掴めない キミと重ね合わせて見てた

諦めて 歩き出せば 距離保ちながら ボクを 追いかけてくる

 

手のひらで転がされてるのか? 不安になるけど

好きな気持ちは変わらないよ 明日も晴れるかな?

 

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

行ったり来たりの距離が いつか縮まるように

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

明日は どんな作戦で行こうかな? 

 

キミの好きと ボクの好きは 同じ言葉なのに

全然重みが違うのは 気のせいなのかな? そうじゃないよね

 

何年先も待てるけど 振り向いてくれるの?

ふと考え事してるときは キミの事ばかりさ

 

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

行ったり来たりの距離が いつか縮まるように

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

明日は ストレートに行こうかな? 

 

心の底から笑った顔 見れたなら ボクも心から

笑顔になれるはず それがキミなんだよ 

 

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

行ったり来たりの距離が いつか縮まるように

この季節が終わってしまっても キミへの気持ちは冷めないよ

明日は どこにデート  行こうかな?